株式会社 大林製作所

  1. Home
  2. Dual Move System を搭載した新型デジタル立位撮影台「ROCKET EVOLUTION 2」を発売
TABLE
News Release

PRESS RELEASE・報道資料

2013年02月18日

Dual Move System を搭載した新型デジタル立位撮影台「ROCKET EVOLUTION 2」を発売

株式会社大林製作所は立位撮影台(ブッキースタンド)の新製品「ROCKET EVOLUTION 2」(ロケットエヴォリューション 2)を発売します。
電動上下動の「繊細な位置合わせ」と、手動による「スピーディな位置合わせ」。
この相反する動きをシームレスで可能にしたDual Move System(D.M.S)を搭載したデジタル立位撮影台です。
「ROCKET TYPE 2」の後継機種となり、 「EVOLUTION 2」の発売をもって「TYPE 2」の製造販売を終了致します。

ROCKET EVOLUTION2 主な特長

1.電動上下動×手動上下動
動き始めはゆっくりで、押し続けると早く動く可変スピード機能を採用した電動上下動と電磁オフロックの手動上下動を併用できます。

2.各社のDR(FPD)に対応
各社のDR(FPD)にオプションで対応します。まるで専用機のような仕様になります。

3.各種サイズのカセッテにワンタッチ対応
各種サイズのCRやカセッテ、さらに縦位置・横位置の切替がワンタッチでOKです。

4.1,350mmのロングストローク
最低位350mm〜最高位1700mm(半切中心部)。可動範囲1,350mmのロングストロークです。

5.トルクセイバー(挟み込み防止機能)
電動下降時に、膝や脚などに触ると自動停止します。万が一の事故を防ぐ、安心・安全のシステムです。

6.こだわりのパールコーティング
患者さんの触れる受像部や、目の前にくる本体にパールコーテイングを施しました。やわらかな色彩と高級感あふれる光彩は更なる「安心感」を演出します。

7.Made in Japan
高品質・メンテナンス性・安定性に考慮して純国産にこだわりました。その上で、部品ひとつひとつにもコスト意識を高く持ち設計しています。

標準仕様

. .
全 高 2,046
全 幅 565
受像部寸法(W×H×D) 609×648×83
受像部装置 揺動・固定 注文時選択式
上下動ストローク 最低位 350 最高位 1,700(半切中心部)
カセッテ DR オプションで対応*
フィルムサイズ 半切縦横まで
フォトタイマー 各社対応*(各社の仕様により制限あり)
グリッド 10:1 34本/AI 集束距離180cm
カセッテトレー ワンタッチセンタリング式
カセッテトレー引出し口 注文時に左右選択可能
駆動方式(上下) 電動 / 手動 併用
上下動ロック・スイッチ 電動スイッチ / 電磁オフロック(両側)
駆動方式(チルト) -
チルトスイッチ -
設置形状 床固定式
電源ボックス スタンド内蔵
電 源 AC100V±10% 50/60Hz,0.2kVA
本体重量 約150kg

仕様及び外観は改良により告知無く変更することがあります。

製品リンク:ROCKET EVOLUTION 2