株式会社 大林製作所

  1. Home
  2. 汎用型万能握り棒「Shuttle(シャトル)」を発売
TABLE
News Release

PRESS RELEASE・報道資料

2016年07月05日

ご高齢の方に配慮した汎用型万能握り棒「Shuttle(シャトル)」を発売

株式会社大林製作所は、立位レントゲン撮影時において身体をささえる握り棒の進化型「Shuttle」(シャトル)を発売します。
ご高齢の方や、身体にハンディキャップのある方でも安心して検診できるよう開発致しました。
立位撮影台や受像部に付属している形状に比べ、耐荷重に優れ、様々な撮影に対応します。
Shuttle
主な特長

1.撮影の多様化に適応する二段アーム

2.水平位置でも垂直位置でも変わらない安定性

3.優れた汎用性
弊社の立位撮影台専用ではなく、現在お持ちの立位撮影台に設置できます。

4.Made in Nippon
高品質・メンテナンス性・安定性に考慮して純国産にこだわりました。その上で、部品ひとつひとつにもコスト意識を高く持ち設計しています。

標準使用
外形寸法(W×H×D) 130mm×1198mm×930mm
アーム長 730mm
上限 上アーム 1075mm 下アーム 935mm 90° 1720mm
下限 上アーム 700mm 下アーム 560mm 90° 1345mm
ストローク 375mm
駆動方式 手動
対荷重 約120kg(片側60kg)
設置形状 床固定式
本体重量 約30kg

仕様及び外観は改良により告知無く変更することがあります。

製品リンク:Shuttle(シャトル)