株式会社 大林製作所

  1. Home
  2. 製品情報
  3. LL-LEADER
TABLE

VB-57

  • 特 長
  • 標準仕様

3つの大きな動き(昇降)が多彩な撮影をサポート。

1.受像部(カセッテ保持部)の昇降は電磁オフロック式。
一度セットしたカセッテはそのままで、細かい位置合わせができます。
スムーズで静かな上下動は、患者さんに不安を感じさせません。

2.シンプルなカセッテホルダーをあえて搭載する事で、六切〜長尺
さらには、規格外カセッテやフラットパネルも使用できます。

3.電動昇降式の踏み台は最下位約80mm〜最上位約480mmの豊富な移動量。
受像部の昇降、カセッテホルダーの可動性と相まって、立位時の全脊椎・下肢の長尺撮影や 膝・足関節等の撮影が、患者さんの年代を問わず行えます。
また、踏み台より下にカセッテをセットできるので、足の先が欠けることなく撮影できます。
踏み台に座ることで、胸部撮影もスマートに行えます。

「できると嬉しい」をカタチに。

設置場所を選ばないフレキシブル設計。
オフロックハンドルの両側装備を始め、ほとんどの操作部をシンメトリーに配置。
カセッテも両側からセッティング可能と、左右のどちら側からでもストレスフリーの操作性を実現しています。

もちろん足部の側面撮影にも対応。
踏み台にカセッテを立てることで足側面の撮影が、容易にできます。

回転式握り棒を両側に装備。
側面撮影用の握り棒を左右に標準装備。単独で上下に移動するので、身長に関係なく、体位保持ができます。
また、不要の時は奥に回転させることで不測の事故も未然に防げます。

安全への配慮。
電動昇降踏み台の挟み込み防止スイッチ等、操作性を損なわず、誤操作を防ぐ設計。安全への配慮が満載です。

アフターフォローも万全。 
適切な保守点検は、機器の安全性や性能を高め、耐用年数の長期化へもつながります。
弊社では、各種「保守点検プラン」のご契約をお勧めしております。
万一不具合が生じた際には、社員サービスマンが日本全国どこへでも迅速に対応いたします。
さらにフルサポートのプランでは、医療法で求められる保守点検をお客様に代わって実施いたします。
創業当時から変わらぬ心のこもったサービスは、ユーザーの皆様から高く評価されています。
(プランの種類・詳細につきましては、お問い合わせ下さい)


標準仕様 単位:mm

. .
全 高 2,164(2,348)
全 幅 880
奥 行 888
踏み台昇降 電動モーター式 ハンドSW又はフットSW操作
踏み台ストローク 最下位約80 最上位約480 ストローク400
最大許容荷重 120kg
ホルダー昇降 手動カウンターバランス方式>
電磁オフロック
ハンドルのボタンを押してブレーキ解除
ホルダーストローク 最下位80 最上位1,090 ストローク1,010
カセッテサイズ(ホルダー) 8インチ〜42インチ(大角14インチ3枚)まで
カセッテサイズ(床面ホルダー) 14インチ(半切縦)まで
設置形状 床アンカー固定式(リフター部・スタンド部 別固定)
電 源 AC100V 50/60Hz 0.3kVA
リフター部重量 145kg
スタンド部重量 105kg